ガゴメ昆布白髪染めでハリ復活

カゴメ昆布は、もともと健康食品として人気が高かったのですが、最近はこの成分が美容に利用されています。 お肌にもいいし髪にもいいということで、カゴメ成分入りのヘアカラートリートメントや、お肌ようの基礎化粧品などが登場しているようです。 カゴメ昆布ってなぜ、カゴメというかというと、昆布の表面がかごの目のように、ぼこぼこしているからだそうです。

このぼこぼこのカゴメ昆布は、フコイダンを多く含んでいるため、非常に粘りがあって、保湿力が強いのです。この成分は、肌の表面の保湿に役立ち、特に頭皮によい影響を与えます。 ガゴメ昆布白髪染めでハリ復活は夢ではありません。このタイプのヘアカラートリートメントは、髪を傷めずに髪を染めてしかも、髪をいたわり、つやつやに保つという成分があるため、老若男女に広く人気があります。 女性はもちろんですが、特に男性も、抜け毛などが気になりますから、刺激性の強いヘアカラーは敬遠してしまいます。

そこで、髪にも逃避にもやさしいとくれば、男性だって喜んで利用します。女性でも、肌が弱い人やアレルギーの人は特に気になりますし、アレルギーでなくても、通常のヘアカラーだと、髪は傷んでしまいます。 傷んでしまうと、枝毛や切れ下で、ブラシなどが通らなくなってしまいます。これは結構なストレスになるので、健康な髪はやっぱり女の命だと思います。