白髪にまつわる未解明な謎

生物学的に解明されていないことは多く、たとえば脳に関してはそのメカニズムがいまだ解明されていない部分が多いのです。 白髪にまつわる未解明な謎もあって、なぜ白髪になるかということも、はっきりと解明されていない、というのが本当のところだそうです。 ただし、毛はもともと無色で、その後、栄養が運ばれてきたときに、もっているメラニン色素の関係で色がつくようだと考えられているようです。

ですから、人種によって色が違う、アジア人はメラニン色素が多いので、黒髪が多いということではないかということです。 白人種でも、暖かいところの人は、髪が黒く、北欧など、太陽光が十分にあたらないところだと、金髪であったり。北欧系はきれいな金髪ですよね。欧米人は、金髪にしている人でもほとんど染めています。 本当の色は、茶色の濃淡がまざっていて、きれいではありません。

そのため、一色に染めるパターンが多いです。 現在の生物学や医学で、解明できている一部では、どうやら、栄養不足や新陳代謝が悪いと、頭髪にもよくない、たばこなどは毛穴を詰まらせてしまうから、抜け毛の原因となり、ハゲになりやすい傾向があるとか、 そういったことは言われているようです。ラテンアメリカでは、あまりハゲがいないとか、白人や日本人はハゲが多いのはストレスからくるものなのかなど、いろいろな説があるようです。