ガゴメ昆布の生産地

最近ネットで話題のカゴメ昆布ですが、実際に見た人ならわかるあのネバリ、あれが髪の毛によいのだそうです。含まれる成分は、アルギン酸やフコイダン、ラミナランなどが含まれています。 体によいのはもちろん、いろいろな料理方法で、十分楽しむことができます。出汁にとってももちろんいいですし、細かくきって漬物に入れてもおいしいです。 キムチにもいいですね。酢の物に入れても味が深くなります。

松前漬などは、ねばーっとしていますが、あれも昆布が入っているからですよね。あとは、とろろ昆布がおいしいですね。 お味噌汁などに入っていると、朝ごはんが楽しくなります。 なんといっても、この粘り成分が髪の毛によいので、抜け毛がきになっているかた、ヘアダイなどで、髪の毛がいたんでいる方には、ぜひぜひこのこんぶを食べていただきたいですね。

このガゴメ昆布の生産地ですが、だいたい北海道でとれるのは有名ですよね。室蘭から函館、松前あたりまでとれるようです。 最近では、岩手でもとれるようですよ。栄養素が豊富なので、最近ではかごめこんぶの石けんも発売されているようです。 フコイダンをたっぷり含んでいるので、肌にやさしく、美肌効果もばっちりだそうです。北海道のおみやげとしても喜ばれますよね。 どうりで、北海道も肌のきれいな人が多いと思いました。