髪の毛が生える仕組み

抜け毛に関しては、男女友に悩みの種です。抜け毛を防ぐにはまず、髪の毛が生える仕組みを理解しておきましょう。 髪の毛は、いつも新しいものが作りだされていますので、爪などと同様、生きているものです。 まず、毛根から髪の毛が作り出されるわけですが、毛根のところにある、毛乳頭が毛細血管から栄養を受け取ってから、それが毛母細胞にいきます。 そこで、毛母細胞が細胞分裂をくりかえし、髪の毛が生成され伸びてくるということになります。

このしくみをみてもわかるように、毛細血管から栄養がいきますから、栄養不足だと、ちゃんと生えない、つまり、植物などでも肥料が十分でないと育たないのと原理は同じですね。 良い土地と十分な栄養が必要なわけです。そうしますと、よい土地というのは、頭皮になりますから、いつも耕して栄養吸収がよくなるようにしておかなければなりません。 つまり、血行をよくしておく必要があるということになりますね。

血行をよくするためには、マッサージなどの外的な刺激がありますが、内的な補充も必要です。栄養や睡眠をしっかりとることで、頭皮に栄養がゆきわたるということになります。 また、毛穴がふさがってしまっても、発毛の妨げになりますので、血管が収縮されるたばこなどは、よくないということになります。 たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させ細くすることがわかっていますから、抜け毛防止には、たばこをやめる必要がありますね。